アミノ酸シャンプー おすすめ

アミノ酸シャンプーの特徴記事一覧

アミノ酸シャンプーは、肌や髪の毛の成分と同じくタンパク質を利用して作られている洗浄成分が使用されています。同じ質のもので洗うということは、そこに刺激などが発生しないので、敏感肌や乾燥肌、アトピーの方にも安心して使用できるシャンプーと言うことになります。アミノ酸シャンプーは低刺激ですが、低刺激と言われると、それでは汚れが落ちないのでは?と思ってしまいがちですが、適度な洗浄力がありますので、必要な頭皮...

アミノ酸シャンプーの洗浄力は、感じ方に個人差はありますが、洗浄力が弱いと感じるケースもあるようですね。皮脂の状態などによっても泡立ちなどが変わってきます。美容師さんに聞いてみると、ワンシャンプーでは足りず、ツーシャンプーをしないと、汚れが取れない状態もあると言うことです。「アミノ酸シャンプーは洗浄力が弱い!」と感じる方は、それだけ高級アルコールシャンプーのキツイ洗浄力に慣れてしまっていると言うこと...

アミノ酸は、元々、私たちの体の中にある成分と同じようなものとなっています。その成分を使用しているアミノ酸シャンプーでは、自分と同質のものを使用した洗浄を行ないますので、ダメージを感じないと言うことがあるでしょう。中には合成シャンプーに対してアミノ酸「系」の保湿成分を添加している、石鹸シャンプーにアミノ酸界面活性剤を加えただけ、という粗悪なものが販売されています。これらは、ベースに刺激成分を含んでい...

ラウロイルメチルアラニンNaアミノ酸シャンプーの成分について、最もレベルの高いものが「ラウロイルメチルアラニンNa」となっているのですが、これには石鹸シャンプーの陰イオン界面活性剤とは異なり、安全性の高い方の陰イオン界面活性剤としての効果があります。弱酸性での洗浄効果が期待出来ますので、敏感な肌にも問題なく使用できます。ヤシ油やパーム核油などを加水分解して、蒸留すると生成されます。仰々しい工業成分...

アミノ酸シャンプーは、弱酸性という表示がされています。肌と同じ状態のものを使用することになりますので、その分、低刺激で洗髪出来る様に作られているのです。したがって、弱酸性ではないシャンプーは、基本的にアミノ酸シャンプーとして分類することは出来ませんね。石鹸シャンプーについて石鹸シャンプーでは洗浄力や脂性肌の方には向いていると思います。しかし、アルカリ性になっていますので、髪にごわつきを残し、肌や髪...

アミノ酸シャンプーにも、良いことばかりではありません。多少のデメリットもありますので、理解した上での購入を検討して下さい。価格については、一般的に市販されているものよりも、アミノ酸界面活性剤を使用していることもあり高価になっています。高級アルコールシャンプーのような肌ダメージのあるものは、扱いやすく作りやすくいので安価なんですね。防腐剤が入っているので日持ちもしますし、安価な材料で大量に作ることが...

基本的にアミノ酸シャンプーには、リンスやコンディショナーは必要ないと言われていますね。実際にシャンプー単品での販売をしているメーカーも多くありますので、商品によって異なりますが、コンディショナーを使用しなくても、アミノ酸によって髪の毛が、きしむことは少ないですよ。天然成分としてシルク成分や馬油、ヒアルロン酸など、個別に含まれていることがありますので、さらっとした洗い上がりになるのが特徴的でもありま...

元々、人間の体に存在しているアミノ酸を使用して、肌や髪の毛を洗浄することから、ダメージの少ないものとして活用できます。旧指定成分や化学的成分の混入されているものでは、どうしても肌などに対して刺激もありますし、負担の掛るものになるのです。結果的には、肌ダメージによって、肌荒れやニキビ、かゆみやフケが出るようになってしまいますので、それに比べてアミノ酸シャンプーには、高い安全性があると言えます。同じ質...